ただの氷河期中年でも、資格ゲッターになりたい!

【氷河期世代】【ただの中年】の、終わらない「自分探し」と「資格ゲット」

職安の求人検索サイトは、もっと使い勝手よくできるはず。

こんばんは。睡眠時無呼吸用のマウスピースを新調した、中年デュマです。

 

みなさんは、いびきがうるさい、と言われたことはありませんか。そのいびき、睡眠時無呼吸が原因の可能性、ありますよ。特に私と同じような、働き盛り世代の方…。

かつては寝息も薄く、いびきなんぞかくはずがないと疑っていた私です。ただ、睡眠時無呼吸だと分かったのは、もう10年以上前のこと。20代の時です。「寝ている時、息止まってるんですけど」と言われたのが、受診のきっかけでした。

まだ睡眠時無呼吸も、今ほど広く認知されていない頃です。睡眠時ポリグラフ検査を実施している病院を探し、なけなしの金をはたいてやりました。結果は…クロ。それ以来、マウスピースなしで生活できない身体になってしまいました。慣れるまでが大変ですが、歯ぎしりの防止にもなり、結果、睡眠の質は向上。ただし、マウスピースは経年劣化します。1年ぐらい経ったら、新しいものに変えるのが良いといわれています。

 

社労士試験の勉強、長丁場です。日々の睡眠の質が、学習効率を高める鍵になるのは間違いありません。睡眠負債なんてい言葉もあります。日中の眠気は勉強だけでなく、本試験の敵です。いびきの気になる方は、ぜひ一度、検査をお勧めします。睡眠アプリでもいいですが、簡易検査なら、ご自宅で簡単にできます。今では街の耳鼻科でも取り扱っている所、増えてますよ。

 

って、睡眠時無呼吸の診察の勧めではなく。

 

さて私、毎日求人をチェックしているわけですが、10年前と比べて、ある変化に気づきました。それは、給与の所に、固定残業の場合、残業代の内訳が記載されているということです!!!

え、そんなの当たり前ですって?

いやいや、かつては記載されていないことの方が多かったです。大手企業とか優良企業の求人しかご興味のない、ハイエンド人材の方には分からぬお話かとは思いますが。

 

大手求人サイトは、あくまで企業ですからね、その辺は敏感なんでしょうか。10年前よりは、特に給与や待遇面の記載が、丁寧になってきている印象です。とはいえ、慈善事業ではなく営利ですからね。雑誌でいえば提灯記事です。

 

しかし、職安、こちらは…10年前と大して変わってませんね。求人の取り扱い数が明らかに違うわけですが、地雷求人満載。ちゃんと審査してんの?と言いたくなるような求人もちらほら。入ってみたら案の定、募集内容と違う条件、というのはよく聞く話です。体験談じゃないですよ!?

政府は雇用対策として、われら氷河期世代や若年層に対する支援を強化することを打ち出しています。私としては、まずは入口である求人検索サイトの使い勝手を向上させていただきたい。後は、求人の審査を厳しくしてほしいものです。入ってみてブラックでも、どこにも頼れない、かといって辞めたら次がない。そんな同年代の人を、何人も見てきました。そういう方を少しでも減らすべく、私もがんばらねば。

 

それでは、おやすみなさい。