ただの氷河期中年でも、資格ゲッターになりたい!

【氷河期世代】【ただの中年】の、終わらない「自分探し」と「資格ゲット」

セレブラが壊れましてん…

こんばんは。産業カウンセラー養成講座がさらに日程延びてアレな、中年デュマです。

 

「失敗の本質」、ようやく原著を読みました。

ビジネス書として刊行されている要約本は読んだのですが。

読了後、このレベルの組織でアメさんとドンパチやって、

それでも昔の日本すげーとか言ってる連中、いるのかよ…という憤りより、

令和を迎えた現代でも変わらない所に、もはや言葉もありません。

 いや、それを言ったら人間、古代から大して変わってないですが。

カエサルの言うように「見たい現実しか見えない」ですし、我々は。

残念ながら、巻末最後に述べられていた危惧は、的中してますね。

 

私の祖父は海軍士官だったので…気持ちとしては複雑です。

昔に聞いた祖母の話では、「駒橋」という船にのっていて、

その後、沼津の海軍工作学校に勤め、その地で終戦を迎えたそうです。

なにしろ祖父は、私が産まれる前に死んでるので、分かりませんw 

今でも勲七等が残っているので、下士官だったんでしょう。

ちなみに終戦後、鍍金屋を起こしました。もう廃業ましたけど。

 

*     *     *

 

ついに、セレブラ(Celebrant)壊れました

最後にサーバを乗せ替えて10年。この日が来てしまいました。

 

正確にはセレブラサーバについていたドングルが、壊れました。

ドングルもUSBではなく、Ripサーバ側のPIFについているものです。

これ、ランプないから通電してるのかどうかもわからんww

色々試して状況証拠を積み重ね、FFGSに問い合わせをして、

ドングルが原因であるとみなしたわけです。

※みなしたので、決定が覆ることはありません。法律かww

まぁ仮にPIFのボードが問題だったとしても、術はないんですが…。

 

このセレブラ(古いRip)が壊れたと聞いて、

「あ、大変…」と思った方は、立派なDTPer、しかもプリプレス寄り、ですね。

 

今時、CPSI(PSベースのRip)なんぞ、エンジンすら搭載されていません。

※ライセンスの兼ね合い(それぞれAdobeに対してライセンスフィーが発生する)

もあるんでしょうかね。

 

未だ、弊社には10年以上前、20年近く前のQuarkデータが存在し、

未だに訂正(けっこうハードな訂正もある)をして、増刷を重ねているのです。

まさにリピーター(増刷)で支えられている印刷会社…。

 

普通の会社なら、どっかのタイミングで切り替えてくわけです。

なにしろ、マトモに扱える人材も今ではいないわけですから。

やるならPS→Distiller→PDF→APPEでRip、ということになるんでしょう。

 

もうね、リスクしかありませんわwww

 

オンデマンド用やWeb収載用のPDFくれ、なんて依頼は多いわけですが、

すでにその経験で、色々面倒が多いことも分かっています。

手順がすべてかわるので、同じ顔をした別物とも言えます。

当然、作業をする時はチェックしなければならないのですが…

誰が責任追うんですかねw

お客さんはチェックする気もゼロ、ですし。

 

そして、これらをマトモに扱えるのは、外様の私だけw

だから、こうなる前に、何度となく切り捨てるべき、と言ってきたのですが…。

属人化、そして誰かひとりしか対処できない、という人的リスク、

企業なら真っ先につぶしておくべきリスクかと。

 

古いものを新しいものに変えていく。

メーカー都合の所も多いですが、

他に選択肢がなく、ただ使うだけのユーザーは、

残念ながらその流れには逆らえません。

このままいくと、CS6環境が、同じような道をたどりそうです。

 

それでは、おやすみなさい。