ただの氷河期中年でも、資格ゲッターになりたい!

【氷河期世代】【ただの中年】の、終わらない「自分探し」と「資格ゲット」

○○のためと言われたら、まず身構えよう。

こんばんは。最近タバコがおいしくない、中年デュマです。

 

最近、3・4日に一度は、子どもを寝かしつけるときに、

そのまま爆睡してしまうという事態が起きていますw

今までは…むしろ子どもよりも早く即寝して、

何十分後かには起きていたんですが。

歳には勝てませんな。

 

さて、最近、ようやく気付いたことがあります。

それは、

「〇〇のため…」という依頼は、ほぼ、ヤマシイ。

ということです!!

オトナの社会って、イヤーね。

40年以上生きた中年のくせに、

いまさらかよ感ありますけどww

 

「キミの将来のため…」でも「会社のため…」でもいいです。

「みんなのため」なんてのもありますね。

 

昔、大学の先輩に指摘されたのを覚えています。

「みんなのためという言葉は、実は自分のため」だと。

当時の僕は、「みんなのため」という言葉に酔っていたんですねw

はっとしました。

そう、みんなのためとか言いながら、

実は自分の自己満のためじゃんってww

それ以来、私は逆に開き直りましたね……(典型的なダメパターンw)

紳士淑女な皆さまは、これで襟を正す所なんでしょうけど。

 

それから幾年月。

ようやく、たどりつきました。

ああ、先輩から指摘された事は、やっぱ正しかったんだとw

 

キミの将来のため?

いいや、それ、あんたの評価とか出世のためでしょ。

会社のため? 

いいや、それ、上司とか経営者自身のためでしょ。

みんなのため?

いいや、自分のゴミみたいな正義感を満たすためだけでしょ。

「子供のため」

いいや、それ、親のエゴとかミエでしょww

 

なので、今後はこの恩着せがましい「○○のため…」

という枕詞がつくお願いには、

まず心の中で身構えることにしました。

 

皆さんも、特に力関係で上にある方から、

こんな言葉をかけられた時は…

「わざわざ注意喚起をしてくれてるな」と思って、

言葉の背景にある事情を推測しながら…

その先の会話を一言一句、逃さないようにしましょう。

※このタイミングで、ペン型録音機のスイッチを入れるのもアリかもしれませんw

もし依頼をされて、心にひっかかるものがあるなら…

即答を避け、誰かに相談するのも手です。

 

いやはや、たまにはこういう暗い色の話題も、いいものですw

今まで人が良すぎた…

いや、良い人演じるのに忙しかったんでしょうかねw

自分に向き合う、というのは産業カウンセラーの教えでもありますw

 

それでは、おやすみなさい。