ただの氷河期中年でも、資格ゲッターになりたい!

【氷河期世代】【ただの中年】の、終わらない「自分探し」と「資格ゲット」

面接は生もの。

こんばんは。今日はズタボロだった、中年デュマです。

 

産業カウンセラー養成講座での継続面接

まぁ、侮っていました。ちょっと余裕かましてました。

やっぱり、生身の人間を相手にする以上、

ナニが飛び出すかは、その時まで分からないものです。

 

2回目の面接、という設定で臨むため、

事前に問題等を想定をして挑んだのですが…

完全に、事前準備が裏目にでましたねw

普段の仕事では、まず事前準備が大切、なんですが…。

およそ、同じ流れで話が展開していくだろう、

という思い込みが、大失敗に繋がってしまいました。

 

想定外の展開と、自分の見立てか違った場合の軌道修正、

アドリブ力と、それに動じない姿勢が問われる…

これが現場ってやつかwww(いやまだ学習だけど)

 

相談業務って、まさに一見さんを相手にするものですから、

決まった時間である程度のラポールを形成し、

相談者のニーズをつかみ、

何らかのアドバイスを出す、

という所までいかなきゃならんわけです。

 

そんなわけで、逐語記録の作成、開始しました。

文明の利器(google先生)を使ってはみたものの、

逐語記録のベースにするには、まだまだ足りない感じです。

ええ、何度も何度も自分の声と、失敗の場面を聴きながら、

血のにじむ努力をしてやりますよw

ただ、google先生を使った文字起こし、

同じ話主の講演やインタビューを起こすには、いいかもしれません。

この先、使う機会もありそうです。

 

折り返しを過ぎたわけですが、

修了までに、そんな境地まで到達できるのか⁉

ましてや、これで面接試験合格相当までたどり着けるのか⁉

 

今、テトリスで言えば、

色々な形のブロックか積み上げられて、

音楽の速度がどんどん早くなっている、そんな状態です。

ちょっと、いろんな方面に戦線拡大しすぎて、

兵站が全線まで届ききってない感じですかね。

あと3か月くらいこの状態が続くのですが、

もつのか、中年のマイハートww

 

*     *     *

 

そうそう。労働新聞(令和2年9/14号)の一面にこんな記事がありました。

賃金の口座振込み「資金移動業者」も対象に

 

ん、資金移動業者ってなんぞ…

有名どころですと、メルカリとか、ペイペイとかが、

その業者にあたるそうです。

 

つい数か月前まで、電子マネー決済での

還元キャンペーンとかやってましたね。

今はマイナカードとの連携のみになってしまいましたが…。

 

賃金を振込むなら、労働者の指定する銀行口座やその他金融機関、

というルールですが、ここに、資金移動業者が加わるというもの。

厚労省としては、年度内に制度化を図るつもりのようです。

 

私もメルカリで得た資金をペイペイに移す感じで使っています。

まぁ…いろんな業者がありますよね。

そして、消えるのも早かった。

ちなみに、電子マネーのメインはSuicaですけどww

 

副業アルバイト代ぐらいなら、こっちでもいいのかな。

すぐに使えるしww

 

でも、メインの給与は、やれ家賃だ振込だ銀行引き落としだ、

色々な用途がありますから…

連携を考えると、メインをこの賃金移動業者にする、

というのには抵抗があります。

 

さて、どうなっていくのでしょうか。

続報を待て、という所ですね。

 

それでは、おやすみなさい…。