ただの中年(未経験)でも特定社労士になりたい!

「人生の正午」を迎えた【氷河期世代】の、「中年の危機」と、終わらない「自分探し」

2020年大晦日なのに、2019年を少し振り返る。

こんばんは。中年なのに新米社労士デュマです。

 

晦日、ですね。

2020年。

世間では、コロナの一年でした、という感じですか。

 

結局1年、今の職場に残ってしまったことの方が、

私的には一番のニュースですねw

ホントだったら、3月までには転活キメて、

とっとと脱北しているはずでしたww

 

年明けて転活を再開したものの、

新型感染症で転職活動をする余裕もなくなり…

事務指定講習も延期になり…

各種試験はのきなみ中止、延期…

 

そして、ただでさえ赤字垂れ流しの弊社は、

ついに従業員同意なしの給与カットへ…

千載一遇のチャンス、とおもったんですが。

思いのほか、企業(経営者)の執念は大きいようで。

結局、自己都合で辞めるだけ、という、

なんとも面白くない結末になりましたw

 

合格後、社労士事務所に50件以上落ち…

たまたま労働者側社労士を知り…

なんとか社労士という資格に希望を見出した。

それが2019年。

あれからさらに1年。

ようやく社労士開業登録をしました。

上司の年金請求書類作成しかしてないけどwww

 

そんな最終日は、

終わり詣でということで、

亀戸天神へ行ってきました。

f:id:dhuma:20201231213551j:plain f:id:dhuma:20201231213544j:plain

スカイツリー、見えますね…存在感。

藤の花が咲く頃は、

それはインスタ映えしそうな景色になるのでしょう。

 

さて、来年はどんな年になるのでしょうか。

私は、まずは職にありつくことが第一目標なのでw

まだコロナ禍もおさまりそうにありませんね。

でも、コロナが終息したとしても、

我々が生きている間に、

また同じようなパンデミックが、

何度となくあるのでしょう。

 

地震や噴火、豪雨などの天災。

そしてコロナをはじめとした、ウイルスとの戦い。

労働、貧困、高齢化…。

そして、硝煙のにおいがしそうな、近隣諸国での動き…。

 

内憂外患、は来年も同じようです。

 

それでは、良いお年を。