ただの中年(未経験)でも特定社労士になりたい!

「人生の正午」を迎えた【氷河期世代】の、「中年の危機」と、終わらない「自分探し」

資格という死格だけが増えていく…。でも、いいじゃないw

こんばんは。もうじき自由業の、中年デュマです。

 

いきなりですが、職業欄、何て書きましょうかねw

今までは転職しても会社員だったので、

職業欄って気にしてませんでした。

 

ここの所、引っ越しに伴う住所変更を行うついでに、

その職業欄も変更しているのですが…。

「自由業」ってなんだ???

会社員でも団体職員でも、公務員でも、

自営業でもない、自由業…。

クリエイティブ系の自営業(小説家とか?)は、

こちらに区分されるとかされないとか。

 

そんなわけで、現在は自営でも会社員でもないが、

いくつかの身分はもっているし、

7月には臨時労働保険指導員(3日ぐらい)をやるようですし、

仕事が決まるまでは、職業欄は自由業でいくことにしましたw

はい、ただの無職とか言わないww

 

そんな私の会社員生活も、数日後に終了します。

もちろん転活は続けますし、進行中ですけど…。

なにせ、74連敗中という状況w

このペースだと、失業給付をすべて受給しても、

正社員への道は遠そうだww

 

フルタイムは、ほぼあきらめてます。

どこかで妥協して、DTP関連のバイトで食つなぐ、

ということになるんでしょうかね。

 

*     *     *

 

さて、こんなものが届いていました!

f:id:dhuma:20210322230248j:plain

産業カウンセラー試験の合格証です!!

いやいやいや、もう合格知ってるしw

しかも、協会への会員登録も済ませてるしww

 

そんな産カン資格ですが、

今のところ、資格そのものが役立つシーンや、

そういった仕事に就く予定、ないです。

 

このように、持っていても、

実務経験も関連知識もなく、活かせない資格のことを、

世の中では死格と呼ぶそうです。

 

言い得て妙、ですねw

この言葉、最近ネットで知ったんですが…。

 

資格をとったから、

その資格に合わせた何かをしよう、

その職種の業界に入ろうとかって、

一歩立ち止まって考えれば、本末転倒ですよね。

その上、登録や更新、研修なんかにお布施を繰り返せば…

ん、立派な死格ビジネスのカモ、じゃないですかw

 

 

ちなみに私は、上記のプロセスはすべて体験済みですw

私の過去のエントリーを見ていただければ、

そりゃあもう赤面するぐらい、

死格を活用している姿を見ることができますw

ここまでやれば、資格が死格である、と、

素直に受け入れることができます。

 

とはいえ、ムリに活かす必要もないんです。

生きていれば、その知識が役立つこともあるでしょう。

取得のために頑張った経験が、他で生きるかもしれません。

死格でも、いいじゃないw

 

それでは、おやすみなさい。