ただの氷河期中年でも、資格ゲッターになりたい!

【氷河期世代】【ただの中年】の、終わらない「自分探し」と「資格ゲット」

お守りよりもボイレコの方がご利益あるのか…

こんばんは、中年なのに新米社労士デュマです。

 

最近、ボイレコが売れているそうです。

ボイレコ、昔に比べて、

ずいぶんと安くて高性能なのものが手に入るようになりました。

さすが大陸のパワー…。

ショッピングサイトを見てみると、

ペン型とか、USBメモリより小さいものなど、

バラエティ豊富です。

 

しかし、購入動機は、会議の議事録作成用とか、

そういったポジティブな用途ではなく、

ネガティブな用途で購入される方が多いとか。

パワハラセクハラが注目される昨今、

すでに職場等でお使いの方もいらっしゃるのでは。

スマホや大きなレコーダーでは、

録音しているのがバレてしまう。

だからこそ求められる、小型化やカモフラージュ。

今やボイレコは、弱い立場の者が身を守るための、

強力な防具…なのかもしれません。

 

また、裁判労働審判などで争う場合に、

録音が決定的な証拠になる、

ということも、広く知られてきていますね。

ただし、盗聴器を仕掛ける等の悪質な場合は、

証拠として認められない可能性が高いです。

※むしろ刑法にひっかかるのでは…w

 

パワハラやいじめ等の相談件数はうなぎのぼりだといいます。

また、このコロナ禍にあっては、

解雇や不利益変更に関する相談の増加が予想されます。

いざ争う場合、こうした録音というものは、

メールや証言以上に、確実な証拠になります。

特にパワハラだと、言った言わないの話になりますので…。

 

とはいえ、録音には、こちら側の発言も残ります。

故意に相手を挑発したとか、自分の態度も悪いとなれば、

不利になる可能性もあえりますが。

 

労働者としては、いざという時のお守りとして忍ばせておく。

使用者としては、常にそういった可能性を考え、発言に注意する。

どの立場にあっても、もはや、そういう時代なんだ…と

意識を持つ必要がありそうです。

 

ちなみに私はiPhoneを使っています。

ただ、服でこすれる音がひどくて、

そろそろペン型でも買うかなー、と思っています。

 

身を守るためにボイレコを忍ばせる時代。

できれば、そんな時代、早く無くなっていただきたい…。

 

それでは、おやすみなさい。