ただの中年(未経験)でも特定社労士になりたい!

「人生の正午」を迎えた【氷河期世代】の、「中年の危機」と、終わらない「自分探し」

特定社労士試験の心配の前に、そもそもジムシテまだじゃん。

こんばんは。ようやく鎧武を観終えた、中年デュマです。

 

なんだよ、鎧武おもしろいじゃん。

脚本は、まどマギの人なんでしたよね。

たしかに、他のライダーと違ったストーリー展開。

これは賛否分かれるよな…というのもわかりました。

 

仮面ライダーに詳しい同僚いわく。

「連続で観たからいいのであって、毎週1話ずつ観ると、毎回モヤっとする」

とのこと。

ああ、まどマギ観てた時、そんな感じでしたね。

マギレコは、毎回楽しく拝見しておりますが、

今のところはモヤっと感、ないです…。

 

でもミッチー、完全闇堕ちはしませんでしたねww

最終決戦終わってからの、まさかの最終話とか。

いや、ずっとミッチーが心配でした、ホント。

ミッチーに笑顔が戻ってきてよかった!!

 

さて、今日は鎧武の話ではなく…

特定社労士試験の結果発表があったようですね。

結果は官報掲載、ですか。

 

第15回の受験者数905人合格者490人合格率54.1%、とのこと。

約半数ですか。そして受験者数も3桁なんですね。

ちなみに基準点は100点満点中55点以上、かつ、第2問が10点以上

だそうです。

あ、足切りあるんですか…。

 

特定社労士の試験は、社労士試験とは何もかもが違います。

問題もマークシートではなく記述式。

鉛筆NGでペン使用(つまり消しゴム不可)とか聞いていますし。

そんな苦行させなくても、べつに鉛筆書き直しOKでいいじゃん、とか思うのですが。

休んではいけない研修(2か月のクソ長い講義やグループワーク)の後、試験、

というタイトなスケジュール。

うーん、試験にたどり着くまでのハードルが高いです。

一般的な職場でリーマンしながら目指す人には、やさしくないですね…。

しかも試験の直前まで行われる講義やグループワーク、

「試験の合格には役に立たない」「試験とは別物」なんて話も、

ネット上で見かけました。

 

1号・2号業務をメインでやっていれば、

紛争解決業務に関わることもないでしょう。

いくつか本ありますけど、実務で接する機会も少ないかと思います。

どうやって勉強するんでしょうね…。

 

なんと、そんな人のためにも、直前期には、資格スクールの講座とかあるそうです。

一瞬だけ本科生だったTACでも、特定社労士の講座はあるそうです。

他には東京都の社労士協同組でも研修、やっているそうです。

あと、倫理研修が特定社労士の試験に役立った、なんて話もありました。

勉強する方法は、探せばそれなりにありそうですね。

 

ちなみに、これは面接の時に聞いたのですが、

「紛争解決業務は、実際には一部の社労士に集中していて、あまり需要はない。

顧問弁護士がいる場合は、弁護士が担当する」

というのが特定社労士の資格の現状、だそうです。

ただ「自己の知見を広げるためには、勉強して損はない」とのことでした。

自己啓発でお布施&苦行…では、確かに受験者数も減りますね。

 

確かに、特定社労士でもADRでのあっせん代理人までですし、

労働審判では直接かかわることはできません。

(あ、でも訴えられた側であれば、直接審判に参加することになるのかな?)

ですので、法律バトルのプロである弁護士と比較してしまうと、

すごく中途半端な印象です。

そもそも社労士って、個々の労働者のための資格ではないですし。

むしろ、僕が最初に抱いていた社労士のイメージ、事務員でした…。

 

でも、特定社労士という資格。

ここまで来たのは、色々頑張ってこられて社労士センセイ、

先人たちのおかげなんでしょうね。

感謝しかありません。

特定がなければ、僕もすでに興味を失っていたでしょうから…

 

さぁ、今年の特定社労士の試験は、どうなるんでしょうね。

もちろん受験する気マンマンではあります!!!

が、開業登録したら、もう特定研修を受講するお金、ないのでは…。

あ、そもそも、資格もってなかったわwwwwwww

そしてジムシテも、コロナでどう転ぶか、わかりませんし。

 

ちなみに、特定が今年受験ムリそうでしたら、

代わりに大特(大型特殊)とりますww

今の仕事、今年この先どうなるかわかりませんし…。 

その方が、ユンボやクレーン運転士を獲るには近道のようですし。

 

それでは、おやすみなさい。