ただの氷河期中年でも、資格ゲッターになりたい!

【氷河期世代】【ただの中年】の、終わらない「自分探し」と「資格ゲット」

ホワイトオーバープリントジャマーキャンセラー(イラレCC2020のバグでした)

こんばんは。職探しもマトモに進んでいない、中年デュマです。

 

印刷業界でDTP、特に出力まで関わることのある方なら、

イラレIllustratorホワイトオーバープリント、と聞けば、

ああ、アレとかコレね…とうなずかれることでしょう。

そして、これから話す話題について、すでにご存じの方もおられるかと思います。

 

CC2020で、「白のオーバープリントを出力時に解除する設定がキャンセルされる

という、とんでもないバグが発覚しました。

どうやら先日(3/12)にAdobe側でも認知されたようですが、

残念ながら今日、その被害をモロにくらってしまいました…。

 

だいたい、ホワイトインク(特色)を使わない限りは、

白って紙白だし、そこにオーバープリントとかワケわかんね…。

透明効果という悪夢がイラレ9から実装されてから、

残念ながらDTPでの悲しい事例として、語られてきたわけです。

 

とはいえ白にオーバープリントを意図的に行うことなんて、ほぼないと思います。

恐らくは、「墨100にはオーバープリント」とチェックつけていたら、

途中で白抜きに変更。

けれど属性ウィンドウのアラートにも気が付かず進行。

というパターンが多いのでは。

 

今でこそ、X4での出力ではRIPでの強制ブラックオーバープリントはやめましょう、なんて言われていますが、現場レベルでは、今でもRIPでも強制ブラックオーバープリント、使っている所の方が多いのでは…と思いますけど。

ちなみに私は大好きです、強制ブラックオーバープリント。だって、イラレだと、ちゃんとブラックオーバープリントにしてないことの方が多いんですもん。ムリ。ちなみにPDFワークフロー(あPPE)では、旧来のBKOPとかPSOPではなく、原則ノセ情報(オーバープリントのことね)はそのまま処理されますんで、デザイナーさんは特にご注意を。

 

ホント、多くの戦友が、このホワイトオーバープリントの罠で、散っていきました…。

RIP側にも、プリフライト等で白のオーバープリントを無視する設定はありましたが、残念ながら完璧ではなく。

グループ化された、複数のオブジェクトに対して掛けられていた「隠れホワイトオーバープリント」などには、残念ながら効果なしのこともあり。

CS3にはホワイトオーバープリントが使われているとアラートが出る無料プラグインもありましたけど、さすがに今時、イラレCS3は使わないし。

面倒なんで雑ではありますが、全選択してチェック、解除、なんてことをしていましたが、うまく外れないこともあり。

 

それがCC(バージョン失念しましたけど…)から、出力の際に白のオーバープリントを削除する、という項目が追加されて歓喜したものです。

しかもデフォルトでチェックがついているという神仕様!!!!

これでついに、この問題にも終止符が…と思っていた今日この頃。

 

まさかまさかの、マサカリ担いだキンタロス、ですよ。

 

なんでも新しいものにした後は、気を付けなければいけませんね。

しかもCC2020から、aiの保存形式が変わっている(CC互換ではなく、あえてCC2020になっている)時点で、内部処理が違うのかな…などと警戒はしていましたが。

私もすっかり油断していましたよ。久しぶりに、興奮しましたww

 

ちなみにこの現象、

環境設定にある「バックグラウンドで書き出し」「バックグラウンドで保存」のチェックを外すことで、回避可能です。

いや、すんません、普段CS6使いなので、イラレにもバックグラウンドタスク処理あるの、知りませんでしたwwwwww

致命的なヤツなので、すぐにバグフィックスされたアプデが出回ると思います。

思い当たる方、直ちに処置しといたほうがいいです。

 

このバックグラウンドタスクInDesignでも悪さします。

PDFを書き出した時、画像が抜け落ちたりします。

一見便利ですが、私はバックグランドタスクは切っています。

(残念ながら、特殊な呪文をかけないと、バックグラウンドタスクは解除できません)

 

とにかく、あの進捗バーがないと落ち着かないし信用できんのですよ、中年DTPオペ(オールドタイプ)は!!

 

あの一向に進まない保存バーを放置して、一服にいく、そんな深夜残業…

という日々、ありましたねー、OS9の頃は。

このあたりのことを語りだすと、中年が集まってドラクエとかFFの話題するレベルで止まらなくなるので、今日のところはこの辺で。

 

それでは、おやすみなさい。