ただの氷河期中年でも、資格ゲッターになりたい!

【氷河期世代】【ただの中年】の、終わらない「自分探し」と「資格ゲット」

どこかに、自分の人生の残り時間のわかる時計があるんだろうか。

こんばんは、中年デュマです。

 

今、3日働いて1日休む、みたいなシフトになってます。

土日固定だと、やっぱり来るじゃないっすか、サザエさん症候群

明日からまた仕事だ…と鬱々になるアレです。

まぁサザエさん観なくなって久しいですが…。

これが休日が変動だと、もはや曜日の感覚はなし!

曜日を気にするのは、せいぜい電車に乗る時だけ。

しかも連休じゃないから、時間をあまりムダにしないという嬉しい副作用も。

 

まぁ元々9時出勤とか、連休とか、世の中の普通にはなじめなかったんで…。

割と今の状況は気に入ってます。

土日に休む時って、何らかの予定を入れている時が多いです。

なので、あまり家庭内での評判はよろしくないですがww

 

さて、今日はとっておきアプリを紹介します。

 

人生時計ってご存じですか?

 

自分の残りの人生の時間を可視化してくれるっていうアプリです。

何のことはありません。

平均寿命的な数値から自分の年齢を引いた数値を、グラフィカルに表現しているだけです。

 

中年の残り時間は、すでに使った時間よりも少ないのが分かります。

そして、淡々とした説明文が、なんか焦りを覚えさせます。

 

砂時計のように、ぽたぽたと、人生が落ちていきます。

なかなかリアル。

スミベタに白抜き文字とか、すごく訴えかけますね…。

 

このトリミング外には、自分の誕生日と、残日数の表示があります。

ちなみに今日ですと、命燃え尽きるまで、あと13000日ぐらいらしいですw

 

そもそも自分が何歳まで生きるのかなんて、まったく予想もできないわけですが。

ましてや、ずいぶんと自分自身をぞんざいに扱ってきた半生を思えば、80まで生きる気もまったくしませんけどww

それでも何か、説得力のようなものを感じてしまいます。

 

毎日見たりはしませんw

たま~に、見ます。

たまに見ると、私の場合は、気が引き締まりますね。

 

もちろん、私の人生は、

中年を迎えたこれからが本番ですがww

額のアブラとともに、輝くのはこれからです。

 

いかがでしょうか。

いや、でももしかしたらこういうアプリ、個人情報を吸うための罠だったり…。

あまりアプリをおススメするもんじゃないな。

 

しかし人間って、数値とか映像とか、可視化されたもんに弱いっすね。

そんだけ目から入る刺激は強力ということでしょうか。

口伝が書物になり、それがラジオになってテレビになり…。

 

でも、テレビなんかの映像で見るより、想像の方が怖いと感じたり。

不思議なもんです。

 

物語的には、神サマの世界には、すべての人間の命を示すロウソクとか砂時計があったりするんでしょうか。

ん、でも時間って、そもそも人間様が勝手に作った概念じゃね…。

 

最後に、一応このブログらしい(?)ネタを。

特定社労士試験(正式には紛争解決手続代理業務試験ですが)、合否発表されてましたね!!

 

今年は合格率53%ですか。ボーダーの55点は変わらず。

そして、相変わらず受験者の中年率(40代)が高いなww

 

受験された皆さま、お疲れ様でした。

そして合格された皆さま、おめでとうございます。

 

そいや、行政書士にも特定ってあるらしいっすね。

 

そんなわけで、今宵はここまで。

おやすみなさい。