ただの氷河期中年でも、資格ゲッターになりたい!

【氷河期世代】【ただの中年】の、終わらない「自分探し」と「資格ゲット」

ここまでくれば、1歳や2歳違くても関係ないっしょ。

こんばんは。ヤケ酒がきいて朝が辛かった、中年デュマです。

 

いやー、そもそも、社労士の本試験に合格することばかり考えていて、その先って考えてなかったんだな…としみじみ。

 

基礎マスターの先生が、講義中の雑談で言ってました。

「開業したけど、結局、欲しいのはカネでしたね(笑)」と。

知人である勤務社労士(企業)の方との話の中で、給与額を聞いた時に思った、ということでした。どのぐらいホントの気持ちかはわかりませんが…。

ちなみに大手企業の人事労務系の給与、求人広告で見ましたけど、確かに高かったです。

 

昨日までの散々たる結果で「社労士業界(事務所)に、現状では必要とされていない」現実を思い知りました。

また本を読み返すことで冷静になり、「資格を獲ったから、その資格を使える仕事に就く」という考え方が、手段の目的化であることが、ようやく認識しました。

 

腹心の部下が言っていました。

社労士になることが、課長のやりたいことだっけ?」と。

まったく、彼は毎度、素晴らしいツッコミをぶちこんでくれます。

採用活動時、事業主をけしかけて彼をスカウトさせたのは正解でした。

これでも、採用成功率は高い方ですからw

 

転活当初は年齢で焦っていました。が、

もはや40歳でも41歳でも大して状況は変わらない、とわかったので、もはや開き直りです。来年は事務指定講習もありますし。

なにしろ私には、まだ仕事がある!!(※将来性はほぼ無いけど)

 

エントリーはぽちぽちしますが、この数か月のように、必死にはやりません。

せいぜいネタづくりくらいの気持ちでいっときます。

 

こうなってくると、事務指定講習終わった後、登録どうしようかな…という悩みも出てくるのですが、それはまた、その時に。

 

それでは、おやすみなさい。