ただの氷河期中年でも、資格ゲッターになりたい!

【氷河期世代】【ただの中年】の、終わらない「自分探し」と「資格ゲット」

赤羽民は、東京の防人である、とか妄想。

こんばんは。翔んで埼玉をようやく観た、中年デュマです。

 

はなわの「埼玉県の歌」、リニューアルしていたんですね。

昔、製版屋で働いていた頃…はなわのアルバム、夜勤の時にきいてましたね。

しかも、主演だったGacktがカバーして歌っている動画もあるとか…。

 

そうそう、私の住まう赤羽、埼玉とはとても因縁深い間柄です。

赤羽は、埼玉との国境に位置する、超重要拠点、まさに最前線です。

赤羽の民は、まさに東京の防人。

古くから、荒川より外の世界から東京を守るため、激しい戦いを続けてきました。

赤羽に隣接する、浮間という土地があります。

これは、川口、戸田との激しい争いの末、奪い取ったものです。

いまや「酒都」「住みやすい街ランキング」「壇蜜…じゃなくて、その旦那さんの書いた漫画」として名を知られるようになった赤羽。

実は、山の手の方々はご存じないような、辛く悲しい戦いの歴史が、ここにはあるのです。

 

とまぁ、冗談はこのぐらいにして…。

今日、2019年、仕事を納めてきました。

これで今年もあと3日。いやはや、早かった。

それもそのはず。うち5か月はシャロ勉でしたし。

本当に、仕事以外のものは捨てる覚悟で挑んでましたから。

 

今年、1月に同期の同僚を失いました。

私、同僚(部下)を失うのは。これで2人目です。

そりゃ、人生について…考えてしまいますよね。

ちょうど40歳、そして入社10年の節目。

何かしないわけには、いかないです。

 

そして今年は本厄。

ちなみに前厄の去年は、激しい痔になって、最終的には入院、手術となりました。

それ以外に、引責辞任を慰留された、なんてこともありました。

まさか1年後、社労士とかいう縁もゆかりもないものを目指すことになるとは、予想すらできませんでしたけど。

 

人生、分からないものです。予想もしない方向に進むものです。

ただ今思うことは、数年後に、

「社労士試験合格こそが、本厄だった」

なんていうオチにはならぬよう、精進するしかない、ということです。

 

現実は、自分の望んでいたことが具現化しただけ。

 

どこかでそんな風に思っていると、

もしかしたら、そういう現実が訪れてしまうのかもしれません。

…今はただ、来年に向けて、前だけを向いておきましょう。

 

それでは、おおやすみなさい。