ただの氷河期中年でも、資格ゲッターになりたい!

【氷河期世代】【ただの中年】の、終わらない「自分探し」と「資格ゲット」

カミュ「ペスト」読みました。コロナ後の生活、どうなると思いますか。

こんばんは。今日は自家製炭酸水の、中年デュマです。

 

ペスト、読み終わりました。

いやはや、大作ですね。長い。

翻訳本にありきたりなまわりくどさもあり、

いや、もしかしたらカミュ自身の文体なのかもしれませんが…

けっこう、読むのに時間かかりました。

きっとフランス語の原文で読めば、

ノーベル文学賞作家の、文章の味わい深さ等もわかるんでしょうね。

 

市がロックダウンされるまでは、

まるで今の状況を見ているかのようでした。

知事や、医師会的な所のエライ人たちの、決断力のなさ

その背景ににおわせる、責任回避の発言。

 

都市が閉鎖されてからは、主人公の医師を中心とした、

ペストとの戦いの中でつながった人々との話に焦点を当てつつ、

ペスト禍の都市の様子についての解説をはさむ感じです。

現代ニッポンでみられるような、

不謹慎厨正義警察が活躍する話ではありませんでしたww

法の目をかいくぐって、密売で利をあげる人物がでてきます。

たまたま町にいたために外へ出られなり脱走を試みるも、

人々との出会いを通じて、ペストとの戦いに協力する新聞記者。

そんな面々も登場します。

 

読了後の感想。

きっとコロナ禍が収束へ向かっても、

世の中は変わらないし、変わることを望まないんだろうな、と。

 

*    *     *

 

「○○が変わる!」として、コロナ後を語る記事、多いです。

でもよく考えてみると、リーマン後も、震災後も、

そんな記事はゴマンとありましたが…

出来事の前後で、何か劇的に変わった、という記憶がないです。

方丈記の書き出しを持ち出す必要もなく、

元に戻る、ということ決してないでしょう。

が、劇的に何かが変わる、ということはない。

コロナ後は、きっと色々変わるんだろうな…と思ってましたが、

この「ペスト」を読んで、私はそんな風に思い始めました。

 

そんな記事を書く方、そしてそういう記事を支持する方。

日ごろから色々な努力をされてる人や、

能動的に変化を求める人でしょう。

きっとアフターコロナを考え、GWも怠惰に浪費せず、

自己研鑽に励んでいることでしょう、

※残念ながら私は、ここからの落伍者のようですww

 

が、ほとんど大多数の人は、コロナ後は、

(限りなく)元の生活に戻ることを望んでいると思っています。

そもそも普段から変化より現状維持を望み、

コロナ収束宣言が出たその時から、

何も変わらぬ風を装っていくことでしょう。

 

今のコロナ禍は、小説の中と状況も規模も違います。

しかし、人間の思考や行動なんてものは、

194X年のオラン市の人々と大して変わらないと思います。

なかなか手に入りにくいですが、

ぜひ本文を読んででみてください。

 

*     *     *

 

今もてはやされているテレワークも、

定着しないまま、元の勤務形態に戻っていくと思います。

天災又はトラブル時の緊急対応、程度で終わってしまうのでは。

そして朝夕の通勤電車も、今まで通りの三密に。

むしろ満員電車に懐かしさを覚えるかもしれません。

失業者が増えることはあっても、

大恐慌の絵図のように市中にあふれる、ということないでしょう。

そしていずれは、どこかに労働力として吸収されていくことでしょう。

はたまた、コロナでの遅れを取り戻すため、無理な受注をし、

上限規制突破の長時間労働が横行するかもしれません。

 

変化を望む人より、望まない人の方が多い。

であれば、流れは、多数派の方に修正されていくのではないでしょうか。

 

が、その後ろでは、着実に変化の動きが進んでいく。

そもそも変化しないものなんてない、わけですから。

そして色んな人が、手遅れになったことに気が付いた時、

きっとこの2020年のことを思い出すんでしょう。

「あの時のコロナ禍が、変化のきっかけだったのか…」と。

 

今できることは、まず目の前の仕事に打ち込むこと。

感染拡大を防ぐため、できうる対策は行うこと。

ただの一般ピープルである私にできることは、それぐらいです。

 

GWはステイホーム!!!!!!!!!

明日からは「一九八四」よみます。

 

それでは、おやすみなさい。