ただの氷河期中年でも、資格ゲッターになりたい!

【氷河期世代】【ただの中年】の、終わらない「自分探し」と「資格ゲット」

コウトリからのお手紙がw 公正取引委員会、コウノトリではないです/300万円以下の事業所得は雑所得でただの副業??

こんばんは。行書の学習に余念がない中年デュマです。

 

今、基本的な一問一答をやっています。

なんでしょう、社労士と比べて、法律やってる感がw

そして宅建は法律系資格の導入と言われます。

ちなみに世間では社労士は法律家に含まれませんww

やっぱ科目に憲法民法が無いのが大きいのかな。

 

これから一年、大学の勉強との相乗効果を狙っていきます。

 

さて本題(本題ですが、ネタは11月のものですw)。

こんなハガキが来てました。

ハガキの表には公正取引委員会とありました。

いやー、何事かと思いましたよ。

社労士に公正取引委員会関係ないよな…などと。

 

あ、別の仕事の方でしたw

 

下請法に基づく「親事業者との取引に関する調査」というものです。

 

要は取引先から不当な値下げとか、不利益変更ありましたか、

というようなアンケートです。

これ、それをにおわせる回答をしたら…どうなるんでしょうか。

 

親事業主(発注元)の調査の後、

下請業者に対してこの調査を行うという順序のようです。

 

もしかしたら、監督署の定期監督よろしく、

親事業者に何かあった場合や疑いがある場合、

アンケートと称してこういうものが来るのでしょうか…。

 

まぁ、国は今、確実に税を回収するために、

インボイスとかいう大ナタを振り下ろすようですし。

私は課税事業者になる予定はないので、

もしかしたら…今後、色々食らう可能性はありますよね。

 

中小企業がどんどん廃業する、なんて言われてます。

国も必死なんで、修正ほぼなしで来年実行するだろう、

というのは、知人の税理士の意見です。

 

*     *     *

 

それで思い出しましたが、大いに物議をかもした通達がありましたね。

確か夏頃でしたっけ、改正案に「300万以下はすべて雑所得じゃい!

なんて感じの内容で、パブコメ募集したの。

そりゃー、たたかれますわな…。

Twitterでやったら大炎上案件ですよマジでw

 

とりあえずほぼ自動で300万円以下は雑所得!!

という取り扱いは一旦取りやめになったようですが。

取引帳簿ないと、300万円を境目にして雑所得にされるっぽいです。

 

しかしこの話題、あれです。

老後2000万円」発言的なのを思い出しました。

副業推進の方向性に水を差す上に、完全に真逆ですよね。

 

そりゃ雑所得にすれば、青色申告の控除もないんで、獲れる税金増えます。

まぁ、確かに事業所得を赤字にして給与所得に損益通算で節税…

みたいな情報もフツーに出回ってますけど。

 

どうやっても抜け道を探す人間なんてのはゼロにならない。

ほんの少しの不届き者のせいで割を食うのは、どこでも一緒です。

ほとんどの人は真面目にやってますよ。

 

立場上、私は副業やパラレルキャリアを推進する方です。

当然社労士としても、それを進める立場にあります。

もちろん口だけでは説得力ないんで…自分でも実践していますw

 

それでもアンタのはただの雑所得、とか言われたら…。

文句の二つぐらいはぶつけますけど、どっちでもいいやww

ブログのネタにもなりますしw

 

ポロっと出た話に、ホンネは隠れているものです。

国は、ぱっぱと基準をきめて問答無用でやりたいんでしょう。

また数年後、同じような話題出るでしょうね。

ホワイトカラーエグゼンプションを思い出すな。

こちらも最近、議論が復活してきているようで…。

 

数年で稼ぎが300万円超えなかったら、

芽が無かったってことで、個人事業主を辞めるのも手ですか。

 

さて今月で個人事業主の最初の年が終わります。

確定申告して、何を言われるか楽しみです。

 

それでは、おやすみなさい。