ただの氷河期中年でも、資格ゲッターになりたい!

【氷河期世代】【ただの中年】の、終わらない「自分探し」と「資格ゲット」

WBCで日本が優勝したらしいから、昭和時代の話でもするわ。

こんばんは。せっかくの休みは仕事で終わった、中年デュマです。

 

WBCが話題ですね。優勝ですか。

優勝したの、14年ぶりなんですね。

いやはや、日本の野球は歴史もあるし、裾野が広いですからね。

 

が、実は私、野球が好きではありません。

いや、興味が無いといった方がいいですね。

話題としては知っていますけど。

 

この原因、幼いころの悪い思い出に起因しますw

 

そんなわけで、思いっきり水をさす話題を。

あまのじゃくなんでww

ちょっと、昭和の話(昭和50~60年代)にさかのぼります。

 

私の世代は小さいころは、野球オンリー。

野球(特に巨人軍)知らないと、もう村八分もいいところ。

まず、その空気が嫌でしたね。

 

当時、男の子は野球チームに入るのが普通でした。

入っていなければ、今でいえばスクールカースト下位決定、みたいなものでしょうか。

小学生にそんなのがあるのかどうか知りませんが。

 

そんな空気感だったので、さすがの私も入ることを少しは考えましたが…。

嫌な事をむりやりやって、しかも球拾いからスタートとか、マジありえないですw

おかげ様で、運動音痴のレッテルを貼られていました。

そうなると、からかいやいじめ的な対象にもなりやすいわけです。

 

しかしホント恐ろしいですね。レッテルはりとか、思い込みは。

小学校の間、自分は運動が苦手で、運動神経ゼロだと思っていました。

そう思うと、実際にあまりうまくできなくなるから不思議です。

が、中学になってサッカーに目覚めてから、それがまやかしであったことに気付きますが。

 

はい、話を戻しましょう。

 

それから昔のテレビは、夜になると野球やっていました。

父親は野球をしていたのかどうかは知りませんが、巨人ファン。

なので、新聞も読売です。

今となっては、巨人ファンだったかどうかも怪しいですが…w

 

テレビのチャンネル選択権は、まずは父親にありました。

しかも父親は自分の部屋にテレビがあるんですよ。

にもかかわらず、なぜか茶の間で野球です。

そうなると、私たち子供は観たいテレビなんぞ観られるはずもなく。

 

令和の世の中と違い、テレビが複数台あるわけでもなく、ビデオデッキも子供が扱っていいものではありません。

もちろん見逃し配信とか、そんなものもありません。

観られなけば、そこで試合終了ですw

 

さらに野球が延長になると、次の番組は繰り下げか、中止なんてことも。

なんで、なんで自分が巻き添えくうんだよ…。

そんな気持ちでいっぱいでしたね。

 

とまぁ、こんな小学校の頃の思い出があるので、野球はみなかったわけです。

そしてそのまま来てしまいました。

結果として、現在でも興味がないです。

まったくもって、野球に罪ないんですがww

 

いうなれば野球ハラスメントでしたよ、マジでw

なので、知ってて当たり前的な空気を感じると、ちょっとイラっとします。

 

我々の中年どもは、今に比べて、好みが細分化されていない時代を生きてきました。

だいたいみんな、同じようなものを観て、同じようなものを好んでいました。

いや、好んでなくても、周りの話題に合わせるために色々とやりましたねw

昭和(平成初期もか?)って、そういう時代だったわけです。

 

そう思うと、時代は変わってくな…と実感しています。

 

しかしガンダムハラスメントとか、ドラクエハラスメントとか…

氷河期世代には、他に思い当たる節がありそうですねw

 

それでは、おやすみなさい。