ただの氷河期中年でも、資格ゲッターになりたい!

【氷河期世代】【ただの中年】の、終わらない「自分探し」と「資格ゲット」

インフルエンザの痛恨の一撃! 中年ファミリーは全滅したw

こんにちは。フツーの中年、デュマです。

 

初めて、家族がインフルエンザに罹患しました。

コロナの時は一家全滅とかなかったんだけど。

しかも、12月頭に、謎の感染症かかったばかりやでww

 

はい。

 

もうすくクリスマス。街のライトアップが…

とか。

今年もいよいよ数日。一年を振り返り…

とか。

 

一気にブッ飛びましたね。

24日に下の子が発熱、25日に上の子が発熱(クリスマス終了)

翌日、私と妻が発熱(年末終了)。

 

しかも発熱した日、わかっていながら最後まで仕事をするザ・社畜ぶり。

さすが昭和時代の魂を受け継ぐ中年氷河期は違うぜww

発症している可能性、周囲に移す可能性よりも、ただ業務をこなすことだけを考えるマーシンぷり。

そいや、コロナに罹患しながら会社に出社しようとした人もいたな…。

 

今だと、家族インフルかかって、自分も罹患する可能性あるんで休みます、

ということができるんだろうか。

いや、日本の会社社会で、いまだ発症していないのに休むのは認められるのか…。

そもそも、いまだ私のように考えてしまう社畜人がほとんどなんじゃないだろうか…。

あ、どうでもいい話でしたね。

 

ようやく動けるようにはなりました。

なんで、こうして暇つぶしに文章書いてます。

 

そうですね、謎の感染症よりも、全然楽でしたねw

なにしろ40度が4日続くわけでもないし。

顔がチンギスハーンになってしまうような変化もない。

ただひたすらに、ヤク飲んで寝る。

 

さすがに40度は動けないけど、熱が下がれば動くこともできる。

今回は妻も同時に発症したんで、ネットスーパーやコンビニ配達を利用。

いやはや、コロナ以降、この分野は一気に進んだと思うわ。

そして病人には、すごくありがたい。

私は普段は使わないけどねw

 

やはり40度、子供は辛そうだったけど、

今日では熱も下がり、すでに調子のって騒いでいます。

治りかけが一番大事で油断できないとこだし、一番ウイルスばらまく時期だし。

説明をしたところで、子供という生き物にはまったく響かないけどなw

 

こう思うと、インフルは感染力強いし、厄介だな…と。

失う日数を考えると、インフルワクチンは打っといてもいいのかもしらん、とは思ったわ。

 

そして、夏前にはマスクとかいらねーぜ、ヒャッハーww

と言っていたものの…

結局、マスクが手放せなくなったわーwww

 

いや、コロナ前から冬と春は、マスクしてたけどね。

(なので我が家には、豊富にマスクがあったので、騒動には全く無縁でしたな)

 

いろんな感染症や病気によって失う時間、仕事を考えると…

ある程度のリスク軽減策として、マスクは有効だと思う。

特に毎日満員電車に詰められて運ばれ、賃労働に勤しむ社畜人にはやはり必須かと。

 

周囲への配慮とかバカバカしいとおっしゃる方もいるようですが…。

もはや、寛容の精神を失ってるよなぁ、と。お疲れなんでしょうか。

確かに、免疫力を上げればいろいろと解決することもあるでしょう。

 

が、コンビニ弁当や偏った食事、不摂生な生活に生活のための金を得るための賃労働とかいう、無駄に工数の多い生活を何十年と過ごし、身につけてしまった環境にいると、小手先の知恵では全く免疫力は上がらないな、と実感した今日この頃です。

 

結局、12月は病気と病気にサンドイッチされ、何の成果も得られなかった(?)1ヶ月となったようですw

 

インフルは、発熱が治おさまってからも、

数日は出歩いちゃいけないみたいですね。

 

それでは、ごきげんよう